čĒ­č€…です čĒ­č€…をやめる čĒ­č€…ãĢãĒる čĒ­č€…ãĢãĒる

đŸĄã—ã‚“ãĄã‚ƒã‚“đŸĩã‚ŗã‚ŗプãƒŦå¸ŗ🌷

ã‚ŗã‚ŗプãƒŦぎã‚ŦチãƒŖやイベãƒŗトãĢついãĻ。

ãƒ•ã‚Ąãƒŧムį‰ŠčĒž

 

むかしむかし、あるところãĢ

ヒツジéŖŧいぎč‹Ĩč€…ãŒæšŽã‚‰ã—ãĻいぞした

f:id:shingacha:20170324134945j:image

ところがこぎč‹Ĩč€…ã¯ã€ãƒ’ãƒ„ã‚¸ãŽä¸–čŠąã‚‚ã›ãš

毎æ—Ĩæ˜ŧ寝をしãĻばかり。

ヒツジãĢとãŖãĻã¯é€€åąˆãĒ毎æ—Ĩでした

 

ã€ŒãƒĄã‚¨ãƒŧ ã˛ãžã ãƒĄã‚¨ãƒŧâ€Ļ」

 

f:id:shingacha:20170324134952j:image

あるとき、č‹Ĩč€…ãŒį›Žã‚’čĻšãžã™ã¨

ヒツジぎå§ŋはありぞせんでしたâ€Ļīŧ

 

「あれīŧŸãŠã“čĄŒãŖたんだīŧŸīŧŸã€

 

 

 

f:id:shingacha:20170324134959j:image

ãĒんとヒツジはäēē間ぎå§ŋãĢãĒãŖãĻ

ヒッチハイクãĢ成功しãĻいたぎですīŧ

 

「あ、すいぞせん。駅ぞで䚗せãĻください」

 

f:id:shingacha:20170324135007j:image

駅ãĢついたヒツジは毛įŗ¸åˇĨ場へ向かいぞした

éĸ¨ãŽå™‚で、įžŠãŸãĄãŽåƒãæ¯›įŗ¸åˇĨå ´ãŒã‚ã‚‹ã¨čžã„ãŸã“ã¨ãŒã‚ãŖたぎです。

 

「æ˜ŧ寝ばかりする毎æ—ĨãĒんãĻごめんだわīŧį§ã¯ãĄã‚ƒã‚“と、働くぎ」

 

f:id:shingacha:20170324135020j:image

ヒツジはį„Ąäē‹ãĢ毛įŗ¸åˇĨå ´ãĢ到į€ã—ぞした

ã€Œč˛´åĨŗ、新å…ĨりねīŧäģŠæ—Ĩはã‚ģãƒŧã‚ŋãƒŧ50į€ã¤ãã‚‹ãŽã‚ˆīŧå¤§æ€Ĩぎでäģ•ä¸Šã’ãĻãĄã‚‡ã†ã ã„ã€

「50â€Ļはいīŧã€

「そこ間違ãŖãĻるīŧãĄã‚‡ãŖとおいãĻīŧã€

「えãŖと、ã‚ĸãƒŦâ€Ļ」

「もうīŧå…¨į„ļ違うわīŧīŧã€

 

f:id:shingacha:20170324135028j:image

ヒツジは初æ—ĨでåŋƒãŒæŠ˜ã‚Œãžã—た

寎ãĢæˆģãŖãĻゴロゴロしãĻいると

 

č‹Ĩč€…ã¨æŖŽã§æ˜ŧ寝しãĻいた頃が

ãĒつかしく思えãĻきぞした

 

「わたしぎことæŽĸしãĻいるかしら」

 

f:id:shingacha:20170324135034j:image

ヒツジは いãĻもたãŖãĻも

いられãĒくãĒã‚ŠčĄ—ã¸ã§ãĻč‹Ĩč€…ã‚’æŽĸしぞした

 

すると、ãĒんとč‹Ĩč€…ã‚‚ãƒ’ãƒ„ã‚¸ãŽã“ã¨ã‚’

æŽĸしãĻいたぎですīŧ

 

「おねえさん、ヒツジįŸĨりぞせんか」

「えīŧŸãƒ’ツジãĒらあãĒたぎ垌ろãĢ。」

 

f:id:shingacha:20170324135041j:image

「ãĒんだ、いたぎかâ€Ļ」

 

ã€ŒãƒĄã‚¨ãƒŧâ€Ļ」

 

f:id:shingacha:20170324135046j:image

 

č‹Ĩč€…ã¯ãƒ’ãƒ„ã‚¸ã‚’é€ŖれãĻ帰りぞした。

 

ぞた前と同じようãĢ、č‹Ĩč€…ã¯

働きもせずæ˜ŧ寝をしたばかりです

 

ã€ŒãƒĄã‚¨ãƒŧ」

 

ãƒ’ãƒ„ã‚¸ã¯å°‘ã—é€€åąˆãĢ思いつつ

元おおりぎį”Ÿæ´ģãĢãģãŖとしãĻいぞした

 

 

おしぞい

 

 

f:id:shingacha:20170324135051j:image

 

īŧīŧŸ